FC2ブログ

Party Joke

大迷惑な転勤辞令が出て三重県へ移住。会社の仲間との交流や音楽活動、不慣れな土地での波乱万丈な家族生活を中心に書き込むお気楽で実に身勝手な不定期更新ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地元の遊園地

いやぁ、大変ご無沙汰しております。 こんばんは。めいぱーぱです。

今回は写真がありません。
というのも、背の小さい嫁とかわいい娘がデジカメをもって実家へ帰ってしまったからです。。。

「お暇をいただきます!」とは言われませんでしたが・・・ははは。

さて、今日は題目にもある‘地元の遊園地’の事をちょこっと話します。

俺の実家がある温泉地には「ワンダーラクテンチ(旧ケーブルラクテンチ)」という遊園地があります。

この遊園地には、多種多彩な動物たち(過剰表現???)、豊富な乗り物(これまた過jy・・・)があります。
俺が小さい頃、本当に近くに住んでたので幼稚園の親子遠足等で行きました!

もちろん、父ちゃん・母ちゃんにもわがままを言って連れて行ってもらってます。。。
とても懐かしく思い、忘れられない遊園地なのです。 俺にとって、いわば「東京ディズニーランド」の様な場所なのです。(言い過ぎちゃった?)

お盆に帰省した時も家族3人で行って来ました!

なぜラクテンチに行ったのかというと、8月末で無くなるかもしれない!という話を、大分の友達に聞いたからです。 経営不振とやらで・・・

で、ここからが本題!!!
地元住民からは存続の声が・・・というニュースをやってたらしい。
当然、俺も存続を願ってます。

が!!!
実際にどこかの企業が買い取って存続することになったとして、地元住民は遊びに行く???
俺は・・・何か「目的」が無いと滅多に行く事はないでしょうね。

例えば、 「あまりお目にかかれない動物がいる」「夜も開園してて、B市の夜景を見ながら食事が出来る」「子供も大人も体を動かして楽しめる遊戯施設がある」など。

いっそのこと、B市の祭りをラクテンチでやってみては?なーんて。

「大人も楽しめる遊戯施設を造る」みたいな事を言ってたらしいが、遊園地では子供が主役!子供に「行こうよ!」と言われて連れて行くって形の方が多いと思うので、もっと子供主体で考えてみても良いのでは?と個人的には思います。

企業は利益がないと経営が成り立ちません。客の来ない遊園地を買って、赤字経営のままで営業を続けようなんて思わないですよね!?そこのところは、企業の集客案にかかってます!

現状のままでは客は来ない!と断言出来る程・・・廃れてます。多分、客は減るばかりです。
(あひる競争はとても可愛くて楽しい!娘は大声であひるを応援してました。)

しかし、企業に任せっきりもどうかと思う。
つまり、 「存続を望む声」だけではダメという事なのです。
ラクテンチが生まれ変わったら この先もずっと存続出来るように、みんなも遊びに行く努力が必要ですよ?!と三重県の遠い空から言ってみる。

会社のレクレーションや友達同士、家族間交流の場として使おうじゃないですか。 

と、勝手な事言ってます・・・。


とにかく、温泉地B市が何とかしろよ!B市が!!!
観光地なんだから、観光に力をいれろよ!


今回の俺のぼやきを見た人は絶対行ってね! 「あひる競争」は、とても楽しいよ。

という事で、今回はこれまで。ちょこっとのつもりが、長々と書いちゃったよ!


大分へは次回、9月末頃に帰省しまーす。


 

スポンサーサイト
未分類 | コメント:1 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。